代表挨拶

株式会社セラーバンクの但見雄です。

弊社は現在データを軸としたインターネットのメディア事業を中心に事業を行っておりますので、日本一質の高い情報を提供し続ける、というのを必達の目標としております。

そして、CDやMDが世の中から無くなったように「永遠に続くサービスはない」、iPhoneが世界を変えたように「時代はまた変わる」という点を常に意識し、次なる時代の変化を楽しみたいと考えております。

このような時代ですので、現在の弊社のサービスもまた「売上や利益を最大化する努力は永遠にしますが、決して永遠に続くものではなく、近い将来終わるもの」だと考えており、常に既存事業とは別に新規事業を並行して動かすようにしています。

もしこれからも変わらないものがあるとするならば「インターネットは人々の役に立つものであり、そして面白いものである」という点だと思っており、変化の激しい時代に迷子にならないよう、これを弊社の理念(ものの原型として考えられる不変の完全な存在、事業・計画などの根底にある根本的な考え方)としています。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(経歴)

1985年生まれ、山口県山口市出身、SE→ITコンサル→現職。25歳の時に自宅でのプログラムの勉強がてら、現在の「おみくじ追跡」の前身「らくらく追跡サービス」を開発。当たり前のように誰も使ってくれないので、メディア事業にシフトさせるため運営権を譲渡。32歳の時に全ての運営権を再取得し、その受け入れ先として弊社を創業。